1. TOP>
  2. 専門技術講習会の案内>
  3. 技術と環境

技術と環境

 建設業・建設関連産業に従事される技術者の皆様を対象に、土木施工管理技術習得のための技術と環境講習会を関係機関のご協力をいただき開催いたしますので、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。
 この講習会では、北海道大学、室蘭工業大学並びに寒地土木研究所から講師を迎え、問題が顕在化している自然由来重金属等の対策やコスト縮減、2018年9月に発生した北海道胆振東部地震による被害状況と災害発生要因、また、寒地施工技術として泥炭性軟弱地盤の特徴と新技術、効率的・効果的な道路維持管理に向けた除雪の新たな技術、北海道におけるRC床版の劣化損傷と対策技術などについて講義をしていただきます。
 この講習会はCPDS継続学習制度の認定を受け、7ユニットの登録ができます。当技士会の会員でCPDSに加入されている受講者につきましては、当技士会が学習履歴登録を行いますので、ご自身での登録手続きは不要です。


【CPDS=継続学習認定講習〈7ユニット〉】

 

◇ 札幌地区 (定員130名)

本講習会は、募集を締め切りました。

ご協力ありがとうございました。

<講習月日>
 令和元年12月2日(月) 9時00分から16時40分までで(受付は8:30から)


<講習会場>
 北海道建設会館9階大ホール(札幌市中央区北4条西3丁目)
 地図はこちらから


<講習内容>

  • 1.泥炭性軟弱地盤の特徴と新技術について
  • 2.除雪技術について-視程障害時の除雪車運行支援技術、除雪作業状況の可視化技術等-
  • 3.北海道におけるRC床版の劣化損傷と対策技術について
  • 4.自然由来重金属等の対策と公共事業におけるコスト縮減
  • 5.北海道胆振東部地震による被害状況と災害発生要因について

<講   師>

1. 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所
寒地基礎技術研究グループ 寒地地盤チーム
総括主任研究員 林  宏親 氏
2. 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所
技術開発調整監 寒地機械技術チーム
主任研究員 山口 洋士 氏
3. 国立研究開発法人土木研究所 寒地土木研究所
寒地基礎技術研究グループ 寒地構造チーム
主任研究員 秋本 光雄 氏
4. 北海道大学大学院工学研究院 教授 五十嵐 敏文 氏
5. 室蘭工業大学大学院工学研究科 教授 木幡 行宏 氏

 

a_pdf_s.gif 本講習会の詳細については、こちらをご覧ください。