1. TOP>
  2. 専門技術講習会の案内>
  3. コンクリート施工技術講習会

コンクリート施工技術講習会

 本講習会は、コンクリート工事施工に携わる技術者の方々にコンクリートに係る施工管理の要点、長寿命化技術及び最新リニューアル技術等について知識を習得していただくため、関係機関のご協力をいただき開催いたしますので、この機会に、自己研鑽と技術力向上のためご参加くださいますようご案内申し上げます。なお、今年度は、講義の一部をサテライト形式※で行う予定です。
 この講習会はCPDS継続学習制度の認定を受け、2日間で12ユニットの登録ができます。当技士会の会員でCPDSに加入されている受講者につきましては、当技士会が学習履歴登録を行いますので、ご自身での登録手続きは不要です。
 (CPDS学習履歴登録は、2日間受講された場合のみの付与となります)
 ※サテライト形式とは、参加者は会場に集合し、講師のみ遠隔地より講義を行う


【CPDS=継続学習認定講習〈12ユニット/2日間〉】


◇札幌会場 (定員80名) 

本講習会は、募集を締め切りました。

ご協力ありがとうございました。

<講習日時>
 令和3年 2月25日(木)~26日(金) <2日間> 9時00分~16時00分(受付は8時30分から)


<講習会場>
 北海道建設会館9階大ホール(札幌市中央区北4条西3丁目)
 地図はこちらから


<講習内容>
 第1日目
  ①[午前]初期欠陥を生じさせないコンクリート施工技術 ~コンクリートの施工管理の要点~
  ②[午後]コンクリート構造物の耐久性向上技術 ~劣化メカニズムと長寿命化技術~
 第2日目
  ③[午前]コンクリートに生じるひび割れとその対策 ~ひび割れの発生機構と抑制技術~
  ④[午後]コンクリート構造物の維持管理技術 ~調査・補修の基本と最新リニューアル技術~


<講   師>

近未来コンクリート研究会 代表 十河 茂幸 氏
広島工業大学 工学部 環境土木工学科 教授 竹田 宣典 氏

a_pdf_s.gif 本講習会の詳細については、こちらをご覧ください。


●紙申込みの場合は、こちらから